アフターピルとは?どんな役割

望まない、無理やりなセックスで避妊が出来なかった時、避妊の準備はしていたものの破損等、避妊が失敗してしまった可能性があると不安になっている時等に、緊急の妊娠を妨げる手段がアフターピルの服用です。
日常ではつかいませんが、いざという時用に持っておくのは安心です。

妊娠をまだするべきではない時期に妊娠してしまうのは自分にとっても、芽生えた小さな命にとっても不幸なことです。
セックスの後72時間以内、つまり3日以内ならばアフターピルで妊娠をふせぐことが可能です。
アフターピルを使うことなく、時間ばかりが経過して、赤ちゃんが体内で育ってしまってからの中絶となると、心身共に負担が大きくなります。
また、経済的にも負担が大きいですし、相手の男性の同意が必要となりますので、望まない妊娠になると初めからわかっている場合は、セックス後出来るだけ早くアフターピルを服用すべきです。

アフターピルは無理やり生理を起こしてしまうようなものなので、中絶に比べればはるかに体への負担は少ないのですが、女性としては何か複雑な気持ちが残るかもしれません。
ですから、避妊に対する意識はしっかり持っておきましょう。
アフターピルはどうしても困るのだという特別な時にのみ、しかたなく使うものだと理解してください。

アフターピルの使用法は、72時間以内に服用することです。
避妊に間に合うように早く服用しましょう。
何時間もたってからではどんどん効果が薄れていきます。
通販でも購入できます。

しかし、第一回目はかかりつけの婦人科で処方してもらうほうが安心でしょう。
自分の体のことを知り、健康であることが確認されて、通販で買っても医者に処方されるのと同じだと確信できるなら、通販の方が手軽に購入できますからそれも良いでしょう。
避妊が確実に出来るように、確実に間に合う時間内に服用しましょう。
セックスから何時間たっているかを自分できちんと把握し、72時間以内と書かれていても、可能な限り早く服用しましょう。

アフターピルを通販で買おう!

アフターピルは持っておくと安心ですので、特にパートナーのいる人は常備しておくと良いでしょう。
一回に服用する数などはその薬によって違いますから、使用法をしっかりみましょう。
だるくなるなどの軽い副作用が出ることもあります。
しかし、アフターピルの服用後2時間以内くらいに吐いてしまうと効果が得られない可能性がありますので、その場合は追加で1回分をもう一度服用してください。
生理のような出血が起きて初めて避妊が成功したと言えますので、そうならない場合は受診が必要です。

女性は自分の体は自分で守らなければなりません。
主体的になり、避妊なしにはセックスはしないという強い意志をパートナーに示すべきです。
また、セックスを通して移ってしまう病気もありますので、それはアフターピルでは防ぐことはできませんので、性器にかゆみや痛みを感じているときなどはセックスはしないという強い意志を持ちましょう。

アフターピルは通販で買えますが、確かな会社からきちんとしたものを購入してください。
薬剤の名称などはきちんと調べたり、第一回目に婦人科で処方してもらったり、説明を聞いておくと良いでしょう。

なお、アフターピルによる妊娠阻止率は80パーセント程度ですので、確実なものとは言えません。
ですので、何が何でも妊娠を阻止したいというのであれば、婦人科にいって体内に避妊具を入れてもらうなどしておきましょう。
アフターピルは、無理やりなセックス、レイプ、避妊の失敗などの、緊急のための物と認識しておく方がよいでしょう。
それでも、アフターピルをもっておくことにより、安心感は生まれますのでパートナーのいる人は持っておくと良いでしょう。
望まない妊娠ほど、不幸なことはありませんから。

関連ページ