トリキュラーの効果と副作用

トリキュラ―トリキュラーは日本だけでなく、世界中の女性に使われている経口避妊薬の1つです。
元々はドイツの薬品株式会社が開発、販売したものですが、日本でも目にしたことや、聞いたことがあるという方も多いと思います。
トリキュラー避妊薬として非常に優秀な薬の1つで、副作用が現れにくいうえ、ほぼ100%の避妊が期待できるという高い効果がその所以です。

トリキュラーの効果や副作用について紹介していきます。
トリキュラーに含まれている成分は主に2つあります。
女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2つの成分で、この2つの成分が脳下垂体に働きかけます。
これにより卵巣にある卵胞が成熟しなくなり、排卵が起こらなくなります。
さらに、子宮頸菅という器官の粘液を変化させることで、精子を子宮に入りづらくする働きや子宮内膜を厚くしないようにさせ、受精卵を着床しにくい状態にしてくれます。

この3つの働きによりほぼ100%の避妊効果が得られます。
また、避妊だけでなく生理不順の方の乱れたホルモンバランスを整えることで生理周期を安定させてくれる効果もあります。
正しい効果を得られるように毎日一定の時間に飲むことを忘れないように心掛けましょう。
また、初めて服用するという方は生理の1日目に飲むようにしましょう。

少ないとはいえ、トリキュラーには副作用が現れる場合があります。
副作用は主に、頭痛、気持ち悪い、だるいといった感覚、吐き気や嘔吐などの消化器官への影響などが挙げられます。
特に初めて服用をするという方には、服用してから1週間ほどは副作用(特に吐き気)が多く見られる傾向にありますが、2週、3周…と周期が進んでいくと段々と見られなくなっていく場合が殆どです。
もしピルを飲んで3時間以内に吐いてしまったという場合は成分が吸収しきれていない場合が多いので追加して服用するようにしましょう。
長い間副作用が見られるようであれば医師などに相談するようにして下さい。

トリキュラーが売っている通販サイト

トリキュラーは処方以外にも、通販などで比較的値段も安い価格で売っているので気軽に入手することができます。
ただ、トリキュラーの通販購入は海外からの個人輸入代行通販が一般的になります。
そのため、成分はほぼ同じでも商品名が若干異なるものが売っている場合もあります。

トリキュラーという同じ名前でも販売されていることが多いのであまり気にする必要はありませんが、別の名称の商品しかない場合は成分表に「レボノルゲストレル」、「エチニル・エストラジオール」という成分の名前が表記してあれば問題はありません。

日本製のものも勿論、通販での購入が可能です。
ただ、表記が日本語というだけのものです。
値段も海外製のものより高くなります。

トリキュラーの通販サイトの内、値段が安く、信頼も高いサイトを紹介していきます。
一般的に処方してもらった場合、安くても2500円程度はします。
個人輸入代行通販だとお1000円ほどで、安いと1000円を切ります。
一番安い値段で購入できるのが「オオサカ堂」です。
一箱およそ1040円とかなり安いです。

さらにオオサカ堂は設立して20年以上経つ老舗個人輸入代行通販サイトです。
送料も無料となっています。
決済方法が少なく、クーリングオフが効かないのが数少ない欠点です。

もう1つ、こちらもトリキュラーを安く購入できる通販サイト「あんしん通販薬局」です。 まとめ買いするほどお得になるため、最大12箱の購入をするも単価650円ほどで入手することができます。

まとめ買いで1箱単価を安くして購入出来ることからトリキュラーはあんしん通販薬局での購入がおすすめです。 トリキュラーは避妊だけでなく、女性ホルモンを整える働きもしてくれます。
比較的安価でも入手出来るので是非試してみて下さい。

関連ページ