ピルで生理を止める?閉経も遅れるのか

ピルはエストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬です。
これを飲むことによって、身体を妊娠しているのと同じようなホルモンバランスの状態にし、生理を止めることが出来ます。
主な活用例としては、望まない妊娠を避けるという目的や、生理不順・生理がとても重いなどのトラブルを抑える目的で使われています。
ピルというと避妊のためというイメージが強いですが、必ずしもそれだけではないのです。

また効果だけではなく、副作用について話題になることも多いです。
その症状は人にもよるのですが、ホルモンを摂取することで、妊娠と同じような状態を作るので、つわりのような吐き気を感じる人や乳房周辺がつっぱるような感じになる人、ニキビができやすくなる人もいます。

そして日本では手に入れるために処方箋が必要となっているので、医師による診断が必要となってきます。
きちんと医師の診断を受けて、その時点でピルを服用するにあたって問題がないかを診断してもらうことが大切です。
また、医師の指導に従って正しい時間に正しい量を飲んで、ホルモンバランスを調節していくということも、効果を最大限に発揮させるには重要な要素となってきます。
ただ産婦人科に行かなくてはいけないから恥ずかしいといった理由もあって、日本ではピルの利用はあまり一般的ではありません。
しかし、欧米ではもっと一般的なもので、服用している人が日本よりも多いと言われています。

さて、このピルはホルモンバランスを妊娠に近い状態にして、生理を止める薬であるということを紹介してきました。
しかしピルを飲み続けることで、来るはずの生理が来なくて、同じだけの時間で他の人には来ている生理を経験しないということにもなります。
それで生理の終わり、つまり閉経が早く遅れるのでしょうか、それとも遅れないのでしょうか。
実はその時期はピルを飲んでいてもあまり変わりません。
卵子がなくなると閉経になるといわれますが、同時に卵巣の老化も関わっているため、卵巣が老化すれば生理は止まり、閉経となります。

ピルを飲み続けて50歳をすぎるとそのまま閉経する?

ピルを飲んでいても閉経は遅れないので、遅れるという心配は無い。
ということを書いてきました。
それではピルを飲み続けて50歳をすぎると、そのまま閉経するのでしょうか。
実は閉経は人それぞれに時期が異なります。

人によっては、30代で閉経してしまう人もいるのです。
そういう人でよく言われるのは、ピルを飲んでいる間に閉経する時期が来てしまって、閉経したことに気が付いていなかったということです。
考えてみると、更年期障害と言われるような、日常生活の中でのだるさや身体のほてりがあったということが思い出され、後で閉経していたとわかるというような状況のようです。
ホルモンの様子で閉経したかどうかを確認するのですが、これはピルを服用していると測定できないため、一度ピルを止めないと確かめることが出来ません。
すると、ピルを飲み続けている間は閉経を調べることもできず、先ほど30代の例で書いたように気が付くこともないまま過ぎていくということがあります。

しかし、ピルを服用されている方は、これを手に入れるために産婦人科に定期的に通っている方です。
更年期障害に関しての自覚症状や、年齢的な心配から産婦人科に相談して、避妊や生理不順を整えるピルから、更年期障害に対応するための薬に変えていくということもあるでしょう。
そうすると、ピルの生理を止めるという効果は発揮されなくなるので、生理の有無やホルモンの検査で、閉経しているかどうかを確認することが出来ます。

このように、ピルを飲み続けて50歳を過ぎると、気が付かないまま閉経するということが有り得ます。
しかし、本人の対応によっては閉経しているかどうか知ることもできるでしょう。

関連ページ