ピルによる不正出血が3ヶ月以降も収まらない理由

ピルを使用していて不正出血が起こる事は普通にあります。
特に珍しい事でもなく、長期間使用している場合でも使用し始めたばかりの方でも起こります。
生理ではないのに出血しても慌てる必要はありません。

不正出血は何もピルが原因というわけではありません。
生活リズムが不規則であることもストレスも原因の1つです。
しかしピルによるものや病気によるものも同じく原因ではありますので、まずは慌てず見極める事が必要です。

日常生活の要因としては上記のストレスや生活リズムが不規則な場合、ホルモンバランスが乱れて不正出血が起こる場合があります。
子宮内膜の増殖や剥離が上手く作用しなくなってしまう事で生理システムが乱れて発生します。
女性が一度は考えるダイエットも同じ様にホルモンバランスを崩す要因になります。
日常生活で身体に負担をかける生活をしていないかチェックする事が大切です。

そもそも不正出血ですが、生理の時以外に出血する事を意味し、おりものに少量の血が混じっている場合も不正出血と言います。
ピルによる不正出血ですが、1シート目に起こる方は全体の30%程います。
いつまでも生理が終らない様な状態であり、生理初日の使用開始や女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が要因である場合が多いです。

以上の事が日常生活に原因がある場合であり、機能性出血と言います。
比較的多い症状ではありますが、3シート目以降も出血が続く場合はピルの種類を変えてみる事を検討する必要もあります。
休薬期間に消退出血があれば良いのですが、不正出血が3ヶ月以上も止まらない様ならピルによるものではなく他の病気を疑われます。
自己判断でピルを中止するのではなく、早めに医療機関に受診して医師に相談すると良いでしょう。

少しでも心当たりがある場合、まずは婦人科で診てもらいます。
病気や疾患が原因の場合は早期の対応で悪化を防ぐことができます。
1番怖いのはネットで検索して自己判断する事です。

不正出血が出る疾患や病気とは

生理でもないのに出血が止まらない場合、ピルによるホルモンバランスが変わった事や生活が不規則等を疑います。
しかし3ヶ月以上も出血が止まらない事や、その他体に変調がある場合は疾患や病気が疑われます。
疾患等によって出血する理由や種類は様々です。
特に多いのが下記になります。

性行為等で子宮の入り口や腔部の粘膜が傷つきただれた状態である子宮腔部びらんです。
びらんがあると細菌に感染しやすくなります。
傷つきやすい部分でありますが、放置して細菌が侵入すると子宮頸管炎の原因にもなります。
子宮頸管という子宮の入り口に、黄色ブドウ球菌やクラミジア等の感染で発症します。
臭いがきつく膿みの様なおりものがでる事が特徴です。
炎症が起こっているので腰痛や下腹部痛も現れ、進行すると子宮や骨盤まで広がります。
そうなると子宮内膜症等を引き起こし、高熱や吐き気が現れます。

子宮内膜症は10代や20代にも多くみられる疾患であり、不妊の原因にもなります。
これらの場合、熱や痛み以外に不正出血が止まらない原因になります。
早期の対処で重症化や疾患の連鎖を抑制する事ができます。
違和感があり出血が止まらない場合、例え結果が病気等ではないだろうと思う症状でも一度は婦人科への受診が推奨されています。

それは子宮がんを早期発見する為です。
子宮がんは40代や50代に多い傾向ですが、子宮頸がんは20代や30代に多いのです。
子宮頸がんが20代や30代に多い理由は、性交渉によりヒトパピローマウィルスに感染する事で発症するからです。
数年かけて進行して生理の周期が長くなり出血症状が現れていきます。

また40代や50代に多いとされていた子宮体がんも、無理なダイエットによるホルモンバランスの乱れから、30代でも発症する場合が多くなっています。
過度な心配はストレスの要因なので、出血を見極める必要はありますが不安な場合はすぐに婦人科へ受診すると良いでしょう。

関連ページ