実はピルにもあるデメリット

ピルを服用するに際しては、デメリットもある点を十分に認識しておく必要があります。
ピルは身体の中の女性ホルモンに働きかけることで、主に避妊の効果を得ようとするためのものです。
女性ホルモンに働きかけるため、それに伴って様々な副作用が生じる場合があります。
代表的な副作用としては、吐き気、倦怠感、頭痛、胸の張りなどの症状が出る場合があります。

このような副作用の症状はピルの副作用としてあらわれる可能性があるものです。
この他の大きなデメリットとしては血栓症が挙げられます。
血液の中で血液が固まってしまう病気を血栓症と呼びます。
血栓症は心筋梗塞などの重篤な病気を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
ピルの服用でもわずかに発症のリスクを高めるものではありますが服用するなら必ず注意しておきたいことです。
特に、喫煙・高年齢・肥満は発症リスクを高める要因となるので注意が必要となります。

ピルの成分として含まれているエストロゲンが肝臓で代謝されると体内で血液を固める働きが強まります。
服用を始めてから3ヶ月以内に起こりやすく、その兆候としてふくらはぎの痛み、激しい腹痛や頭痛、胸痛、舌のもつれなどの症状があらわれます。
このような症状があらわれた場合にはすぐに服用を中止し、病院で検査を受ける必要があります。
実際、血栓症による死亡例もあることから、ピルを服用する前に十分このデメリットを認識しておく必要があります。

特にピルを服用しながら喫煙するとこの血栓症のリスクが高まります。
そのため、服用している間はタバコを吸うのを止める必要があります。
タバコに含まれる成分が血中のビタミンなどを破壊し、血管を収縮させる作用が血流の流れを妨げます。
1日15本以上タバコを吸っている方に対して、ピルは禁忌薬と規定されています。
禁忌薬であるということは絶対に服用してはいけないということです。
それでも服用を続けた場合、命の危険があることを意味しています。

ピルの処方の厳しさが35歳が境な理由

ピルの処方の厳しさが35歳を境にしている理由は35歳を超えてピルを服用すると血栓症のリスクが高くなってしまうからです。
ピルの服用に伴う最大のリスクは血栓症です。
35歳を超えるような高齢の方や肥満の方、喫煙している方はピルを服用することで血栓症になるリスクが高くなってしまうので注意が必要です。

ただし、血栓症のような合併症を引き起こす原因は加齢だけではありません。
肥満や喫煙など様々な要因が血栓症のリスクを高めます。
血栓症は血管の中で血が固まってしまうことを言います。
この血栓が肺や脳に到達すると最悪の場合命に関わります。
ピルを服用すると血液が固まりやすくなるエストロゲンという成分が血中に増えるため、血栓症になりやすい状態となります。
これに加齢が加わることによってさらに血栓症になりやすくなります。

10代後半の女性と30代後半の女性とでは、血栓症のリスクが約3倍程度になるというデータもあります。
40歳代以降となると、血栓症になるリスクがさらに高まるため、ピルから得られる効果よりも血栓症のリスクが高まってしまうことから、ピル処方の一応の目安が35歳とされています。
長期間にわたりピルを服用している場合、年齢が上がるについて血栓症のリスクは高くなるため注意が必要です。
35歳を超えてピルを服用する場合には、血栓症のリスクを十分に認識することが大切です。

ピルは避妊のみならず、月経調整、月経痛や月経過多の改善、月経前症候群の症状改善などを目的として多数の女性に活用されている安全性の高い薬です。
そのため、ピルを服用したことで合併症として血栓症が生じるリスクも非常に低いと考えることはできます。
若いうちは血栓症になるリスクよりも女性のQOL(Quality of life)の向上に極めて効果的です。
しかし、高齢になると服用のメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまいます。
その一応の目安が35歳と考えられるため、35歳を超えてピルの服用を考えている場合には専門医や薬剤師に相談することが大切です。

関連ページ